変装の天才にしてお茶目な怪盗ジバコの大活躍

小説・エッセイ

2011/11/10

この小説が出版された当時、ソ連の作家ボリス・パステルナークが書いた「ドクトル・ジバゴ」という小説がノーベル賞辞退という事件も絡んで話題となり、これを原作とした映画がちょうど大ヒットした直後です。つまり「怪盗ジバコ」はタイトルがすでにパロディなのです。 パロディといえばこの小説は、内容的には「怪盗ルパン」のパロディです... 続きを読む