絡み合う殺し屋たちの人生の先にあるものは…伊坂幸太郎『グラスホッパー』

小説・エッセイ

2011/11/10

■グラスホッパー/伊坂幸太郎/角川書店 亡くなった妻の復讐を果たすため、鈴木は妻を殺した男の父親が経営する会社に契約社員として入り込む。しかし働き始めて1ヶ月経ったとき、鈴木は同じ会社の比与子に、薬で眠らせた見ず知らずの男女を殺せと命令される。それは鈴木が復讐者であるかただの社員であるかを確かめるためであった…。 鈴... 続きを読む