あの古典伝奇小説が桜庭一樹の手で生まれ変わる。電書用ボーナストラック盛り沢山!

小説・エッセイ

2011/2/2

桜庭一樹と言えば、読書の鬼にして、その小柄な身の内に豊穣な物語をたくさん詰め込んだ、人間物語製造工場だ。恩田陸などもそうだが、桜庭一樹も本歌取りをしつつ、オリジナリティ溢れる作品に仕上げるのが非常に上手く、今回も名作古典、滝沢馬琴の『南総里見八犬伝』を見事に自作として昇華している。著者にとっては、初の週刊誌連載作品に... 続きを読む