重力から自由になりたければ読むべし。【遊べる大人】と【知の巨人】の眩しすぎる遊戯

Fujii_Kaoru

2011/2/16

遊学I

ハード : PC/iPhone/iPad 発売元 : 中央公論新社
ジャンル: 購入元:電子文庫パブリ
著者名:松岡正剛 価格:594円

※最新の価格はストアでご確認ください。

大きくなったら【遊べる大人】になる。
まわりの人が委縮している時ほど、
軽やかに【口遊(ずさ)】み出撃する。
そんな大人になりたいと思ったこと、 ありませんか?
【遊べる大人】が周囲にいなくなった現代。
【遊ぶ】を【学ぶ】には、どうするか?

国語、算数、理科、【遊学】。
手始めに小学時代の【隠れ科目】を思い出す。
手鏡で光を反射し、眩しがらせる【遊び】。
友人に当ててはニヤリ、反撃を食らいニヤリ。
いつしか遊戯(いたずら)光線(交戦)は、
鏡と鏡を無限に行き来し教室中を光にした。。。

時間は流れて、今作品である。
ピタゴラス、プラトン、空海、道元、ダンテ、
ダ・ヴィンチ、シェイクスピア、ライプニッツ、
ケプラー、ゲーテ、ニーチェ、エジソン。。。
古今東西149人の知の巨人たち。
そんな萎縮しそうな巨人の顔をめがけ、
手鏡で光を当て、ニヤニヤするのは、
現代の【遊べる大人】、セイゴウ先生である。

hereとthere。鏡と鏡、光と光。
【遊べる大人】の命がけのキャッチボール。
そんな巨人たちのごっこを読みマネぶだけで、
あなた自身も、重力から自由になれるはずだ。
でもその一球一球は、恐ろしく重い!?

序文を読みだすだけで、私たちの遊伝子は動き出し、重力から自由になれる

しかし、その一文一文は、超重力・超剛速球である

例えば、ナーガルジュナ(龍樹)の四句否定(テトラレンマ)には瞠目する。二句否定(ジレンマ)にさえ心かきむしられる現代人は、文脈自由(コンテキスト・フリー)の気体のような柔らかさを学んだ方がいい

【遊べる大人】は、言葉の限界を知りつつも、言葉の可能性を拓いてゆく。こんな刺激あるタイトルをつけられる大人になりたい