話題のインタビュー、「あとで読む」できてよかった!

小説・エッセイ

2011/2/22

TV Bros.玉置浩二インタビュー

ハード : iPad 発売元 : TokyoNewsService
ジャンル: 購入元:AppStore
著者名: 価格:100円

※最新の価格はストアでご確認ください。

この作品、東京ニュース通信社発行のテレビ情報誌『TV Bros.』の平成22年9月18日号に掲載された『玉置浩二の激白』、それからケータイサイト『モバイルブロス』に掲載された『玉置浩二の激白・完全版』の内容を合わせて再編成したもの。

そのころ、玉置浩二さんが芸能ニュースで話題になっていたのは知っていました。雑誌に青田典子さんとの写真が掲載されたっていうのも聞いていました。で、見たいなーとは思っていたのですが、気がついたときには本屋さんの本棚からその雑誌はなくなっていました。

それが電子書籍で、編集追記されて完全版として読めるようにリリースされたというわけです。

お値段はアプリの価格にしては最安値なのですが、雑誌の一部にこの値段と思うと少々高いのかもしれません。でも、このインタビュー1本をひとつの完結した形にして読者に届けようとしたその心意気に、読んでみようという気持ちになりました。インタビュアーさんと玉置さんとの間で交わされる会話は比較的短くテンポよく進みます。餅つきの間の手のように、ポンポンと。ですが、インタビュアーさんは確実にざくりと「巷で話題になっているアレ」に切り込みます。

キターーー! こういうとき、テレビと違ってひと呼吸置けるのが文字メディアのよいところ。iPhoneの画面をサクッ、サクッ、と繰って読み進められるそのアクションに演出すら感じました(笑)。

インタビュアーは「プロインタビュアー」と称される吉田豪さん。一見、玉置さんが自由に語り通しているように見えますが、全体を読み終わって振り返ってみるとそこには、インタビューを読む前とは違った玉置さんの姿が。また、雑誌には掲載されていなかった取材日記が玉置さんの人間性を第三者の視点から語り、インタビューをよりリアルに感じさせてくれました。

美しさ読みやすさに定評のあるモリサワのフォントの縦書き文字も読みやすかった! わからない単語や語句があったら、それを選択すると、googleで検索してくれるのも便利。ざっくり文章を選んでググってみると、その文章に言及している人のブログが検索されたりという楽しみもあります。

特集インタビューだけ楽しみたいという読者は、雑誌を制作しているサイドからすると「おもしろくない読者」かもしれません。でも、私はこのインタビューを後からこうやって落ち着いて読めたこと、よかったと思っています。玉置さんのことをもっと知る、のみならず、メディアとは何か、そして人はどう取り上げられどう見られるのかを検証することができたな、と思いました。

私は、このインタビューを読んで、玉置浩二さんのことが好きになりましたよ(*^_^*)。んー、でも、玉置さんが彼氏だったらタイヘンだろうなーとは思いますが(^_^;)

小見出しのキャッチーさに、さすが! と思いました

おまけと言いつつ重要な役割を果たしている取材日記の冒頭