ガラス製の「金色のふくろう」は彼の妻? それとも明日の私?

小説・エッセイ

2011/3/10

妻のある男と割り切って恋愛できる女性は、ある意味、大人だと思う。 よほど鈍感でない限り、ふとした男の仕草や言動に、家庭生活=妻との使い分けが透けて見えるし、自制心やわきまえみたいな、本来、恋愛にはそぐわないものに縛られるのだから。 30歳を前にした織江は2年あまり、不倫の恋を続けている。情事の場は男が借りているワンル... 続きを読む