こんな時こそ相田みつをの作品を通して「生き方」を見つめ直したい

小説・エッセイ

2011/4/1

「にんげんだもの」でおなじみ、相田みつを氏の”書”がアプリ化されているのを発見。 あまりにメジャーすぎて、これまで正面きって彼の作品と向き合ったことがなかったのですが、3・11の大震災で「生きる」ということを改めて考えさせられたこともあって、思い切って購入してみました。 累計で1000万部を超えるほど、日本人の心に根... 続きを読む