重松清の新開拓地

小説・エッセイ

2011/9/4

重松清といったら「定年ゴジラ」や「ビタミンF」「エイジ」といった作品が印象に残る作家。軽く読めるのになかなかしんみりとさせてくれるはず…。というわけで、この作品を購入。「愛妻日記」の4文字がなんだか昭和時代の作品みたい。しみじみと夫婦の愛を描く…その手法は渡辺淳一先生ばり。夫婦愛の中でもセクシュアルな面をよーくクロー... 続きを読む