新鮮な官能が倦怠した文化を刷新する「想像力のテロリスト」

小説・エッセイ

2011/11/23

「桜の木下には死体が埋まっている」といったのは、坂口安吾だとよく間違われるけれど、梶井基次郎ですね。安吾は「桜の森の満開の下」で、満開の桜はご陽気なようにみんな勘違いしているけれど、満開の桜の花の下から人間を取り去ってみると、気の違うような恐ろしい風景になります、といってるんですね。 で、梶井基次郎。胸の加減が悪くて... 続きを読む