型破りなオーバーアクションに涙なくして読めないのだ、笑いすぎて、ああ菊池寛

小説・エッセイ

2011/11/23

菊池寛の一般的な作家イメージはヒューマニズムに基づいた大感動ストーリーの人ではないかしら。しかし、漢字を多用したちょっと古めの言葉遣いのスクエアな感じにたぶらかされてはいけません。あの「真珠夫人」の底抜けの、「anything gose」な顔を忘れちゃいけません。この方はある時期から、「さらばリアリズム」の巨匠なんで... 続きを読む