「新感覚派」と呼ばれた鬼才の鋭い言葉のアクロバットを堪能されたし

小説・エッセイ

2011/11/23

横光利一はいわゆる「新感覚派」と呼ばれる作家の一翼です。 「新感覚派」というのは、感覚が「新」なのですな。この意味は、新しく感じるんじゃなくて、新しい形で感じるんですな。感じ方が新しいと、感じる中身も新しくなるのです。でそれはもちろん、文章の新しさという現れで小説の中にやってきます。 本書には、10編の短編が収められ... 続きを読む