【ダ・ヴィンチ2016年1月号】今月のプラチナ本は 『鍵の掛かった男』

今月のプラチナ本

2015/12/4

『鍵の掛かった男』有栖川有栖 ●あらすじ● 大阪・中之島の小さなホテル“銀星ホテル”で一人の男・梨田稔(69)が死んだ。警察は自殺による縊死と断定。これに納得できない女流作家・景浦浪子は、ミステリー作家の有栖川有栖と、その友人の犯罪社会学者・火村英生に、真相の解明を依頼。しかし梨田は身寄りがないうえ、来歴に関する手が... 続きを読む