あきれかえるようなヘンテコ忍法炸裂の奇想時代小説

小説・エッセイ

2011/11/30

山田風太郎の忍法帖は凄いらしい、なんか劇団四季が「くノ一忍法帖」やりそうな物言いですが、凄いのはほんとうだから仕方がない。 奇想小説という言い方はよくあって、藤枝静男とかネルヴァルとか澁澤竜彦とか上がったりするけれど、そういう「孤高の人」じゃなく、スポーツ新聞にも名前の載りそうな作家なので心強いのだ、山田風太郎は。 ... 続きを読む