知っているつもりの日本語を洗い直してはいかがだろう

槙晧志

2011/12/13

詩人であり、児童文学者の槙晧志の書。 本書は詩誌「詩芸術」に連載した「あなたのために詩が書けたら」のうち、「数」をめぐる章を抜き出したものである。 言葉は元来繊細である。 用いるうちに、つい礼儀を失い、思い込み、汚されて、あらぬ錯誤を生み出してしまう。 アラワスという言葉を例に挙げてみる。 表になっているものを上にア... 続きを読む