ゆっくりと、じっくりと、気づかぬうちに不安な世界に導かれ…

小説・エッセイ

2012/1/9

同年代の女性作家ものを読むと、ドキドキするのはどうしてだろう? 小説を開くときには常として、日常と軽く隔絶したく、想像の世界で遊びたく、決して自分の人生では登場しないだろう人物や見られないものをみたり感じたり「どきどき」したいから開くのですが、もちろん、そうでない小説もあるわけで。これが明確にその一つ、でもドキドキし... 続きを読む