乱歩・久作の次はこれを読め! 濃密な毒をはらんだ幻覚的ミステリー

小説・エッセイ

2012/1/12

こんなミステリーが読みたいのです。 ふだん目にしている世界ががらがらと音を立てて崩壊してゆくような、自分が自分であることの根拠が不確かになってしまうような、謎が解かされることで世界の混迷がさらに深まるような、そんな不可思議で奇妙なミステリーが読みたいのです。たとえばそう、夢野久作の『ドグラ・マグラ』のような。 わたし... 続きを読む