摩訶不思議な仏像ワールドへ誘う入門書

G.B.

2012/1/16

仏像イラスト事典

ハード : PC/iPhone/iPad/Android 発売元 : G.B.
ジャンル:趣味・実用・カルチャー 購入元:電子貸本Renta!
著者名:三好載克 価格:630円

※最新の価格はストアでご確認ください。

皆様あけましておめでとうございます! 矢澤りえかです。今年もよろしくお願いします。

さて私は、お正月をだら~っと過ごしてしまったことを反省し、気合を入れて2012年1発目のレビューを書くぜぃっ! と本書を読んでおりました。そんな時に仏像盗難のニュースが流れて、ビックリ!! タ、タ、タイムリー過ぎる! それにしてもまったく、けしからん事件です! 早く犯人捕まってほしいですね。

仏像は今や信仰の対象だけでなく、美術品として、国内外に多くのコレクターやファンが存在し、近年では、興福寺の阿修羅像が美しいと人気が凄まじく、アムラ―ならぬ、阿修羅像好きのアシュラーなる人達までもが登場し、仏像の人気の高さがうかがえます。しかし、仏像に関してあまり知識がない方も多いのではないでしょうか?

私は、正直仏像の楽しみ方とか言われても、ぽかーん。だって奥が深すぎますって! そもそも、この仏像が何なのか、どんな御利益があるのかも知らずにお参りしていていることもしばしばです(ごめんなさいー!)。私のように仏像の楽しみ方うんぬんの前に、まず基礎的な知識が欲しい! 仏像の世界の入口を教えて! という方にピッタリなのが本書なのです。

『仏像イラスト事典』というタイトルにも表れていますが、リアルで立体感のあるイラストが満載です。カラーページが最初だけなのが残念でなりませんが、これだけでも見る価値があるほど、迫力があります! イラストレーターの三好載克氏が約1年半もかけた力作が勢ぞろいです!

事典ですから、それぞれの仏像についての説明はもちろんのこと、仏教に大きな影響を与えた空海や、一休さんでおなじみ一休宗純等の名僧についても掲載されており、より理解が深まるよう構成されています。

ところで私は、某☆おにいさん漫画を愛読しているのですが、そのキャラクターがホイホイでてくるのが面白く、リアル版キャラクター本として別の楽しみ方も見つけました(笑) 2度美味しいです!

仏像にちょっとでも興味がある方は是非のぞいてみてください。ちょっと不思議な仏像ワールドにスルスル~っと引き込まれるかも!?

仏教用語って難しいけれど、よみがながふってあるのが本当にありがたい! 意外とふってないんだよなぁ

皆知ってるお釈迦様が御母上の右の脇の下からお生まれになったとは!

人気の阿修羅は美しい顔立ちとは裏腹に荒っぽいのね~