美味しい「名古屋メシ」の数々をマンガで紹介。読むと食べに行きたくなる!? 

2012/1/17

美味しい名古屋を食べに行こまい

ハード : PC/iPhone/iPad/WindowsPhone/Android 発売元 : 日本文芸社
ジャンル:コミック 購入元:eBookJapan
著者名:榊こつぶ 価格:400円

※最新の価格はストアでご確認ください。

世の中、ご当地グルメとか名物料理なんてものが全国各地にいろいろありまして、俺なんかもときたま1人でバイクを転がしたり、仲間とレンタカーを借りたりして、そういったものを食べに出かけたりするわけで。そんな風にあっちこっち出かけた中で、なんといっても印象に残っているのは名古屋に出かけた時のこと。

食べ物がうまかったのはもちろんなんだけど、それだけじゃない強烈なインパクトがあったというか、ふだん生活している東京・埼玉周辺との食文化の違いを見せつけられたというか…。

そんなインパクトあふれる「名古屋メシ」の数々を、名古屋出身の女性マンガ家・榊こつぶが紹介してくれるのがこの作品。「天むす」「きしめん」などの有名どころはもちろん、「スガキヤのラーメン」「鉄板スパ」といった名古屋の人しか知らないような隠れた地元グルメ、そして「大福茶漬け」ほか地元でも知ってる人しか知らないらしい大穴グルメと、ありとあらゆる名古屋の味を、あふれんばかりの地元愛とともにレポートしてくれる。

中でも俺が特におすすめしたいエピソードは「喫茶マウンテン」の回。実はこのお店、あまりの盛りの強烈さと料理のなんというかその…独自性で全国的にもわりと有名なのだが、そんなお店で提供されるメニューの数々を、作者本人が実際に食べつつ紹介してくれる。

ちなみに俺も名古屋に行った時、仲間と共にここのメニューに挑んだわけなんだが、無事登頂(マウンテンファンの用語で「完食」のこと)を果たしたのは俺ともう1人だけだったという思い出がある。

はたして、そんな名古屋メシ最強の難易度を誇るマウンテンのメニューに、作者はどう立ち向かうのか!? その結末は、マンガを読んでのお楽しみ!

あー、俺もまた名古屋に行ってみようかな…。

名古屋までのアクセスマップもついた親切仕様。「行こまい」というのは「行こう」という意味らしい

紹介する料理の解説付き。これがけっこう参考になる

いよいよ実食レポート。地元在住の作者ならではの情報も満載!

これが! これが! これがマウンテンのメニューだッッッ!

名古屋の甘いものいろいろ。関東でも食べられるものもあるが、やっぱり見かけないメニューも。他の地方ではどうなんだろ? (C)榊こつぶ/日本文芸社