あなたも私も「或る一人の女」。共感度100%

小説・エッセイ

2012/1/26

文字が氾濫する現代、こんなにも文字に囲まれて過ごしているのに、「ほっ」としたり、嬉しくなったり、きれいだなぁと感動したりする言葉の群れに会うことはなかなかなく、小説となればもう「消費財」のように読み捨ててゆくものも多くなってしまったのではないでしょうか。 宇野千代氏、「おはん」や「色ざんげ」の言わずと知れた明治生まれ... 続きを読む