「我、妄想する故に、我有りと錯覚す」。偽の幸福感から脱する【ぜんぜん】の力

プレジデント

2012/2/2

上司「おまえ最近、元気無いな」 部下「いえ。【ぜんぜん】有ります…。」 上司「おまえ最近、心配ごと有るだろ」 部下「いや。【ぜんぜん】無いです…。」 【ぜんぜん】有ったり、【ぜんぜん】無かったり。 否定をもって肯定したり、無の中に有を起ち上げたり。 ほとほと日本人は、我に執らわれない力がある(はずだった;)。 しかし... 続きを読む