『火垂るの墓』の野坂昭如が残した究極の“エロ小説”とは?

文芸・カルチャー

2017/6/3

2017年現在の日本では、インターネットを通じて、誰でも簡単に性的なコンテンツを手に入れられる社会が実現しています。綺麗な女優や男優がなまめかしい姿態を見せるアダルト動画は数百円で購入できるし、うっとうしい広告さえ我慢すれば、素人の盗撮写真などもまとめサイトにゴロゴロ転がっています。 そんな私達には想像もできない時代... 続きを読む