今月のプラチナ本 2012年3月号『贖罪の奏鳴曲』 中山七里

今月のプラチナ本

2012/2/6

『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』 ●あらすじ● 気鋭の弁護士・御子柴礼司(みこしばれいじ)は、ある晩、記者の死体を遺棄する。冷静沈着に死体を始末し、翌朝いつもどおり事務所に立ち寄り、任務を行う御子柴。だが、殺された男の死体を調べ、あることに気づいた警察は、御子柴へと辿り着き事情を聴きだす。しかし御子柴には、死亡推定時刻には... 続きを読む