「作品を生かすか殺すかは、翻訳の出来が左右する」 藤井光編『Next creator book 文芸翻訳入門―言葉を紡ぎ直す人たち、世界を紡ぎ直す言葉たち』

文芸・カルチャー

2017/7/13

『Next creator book 文芸翻訳入門―言葉を紡ぎ直す人たち、世界を紡ぎ直す言葉たち』(藤井光:編/フィルムアート社) 昔から英語や外国語はからっきしだが、私は海外文学が好きだ。海外文学には、よく巻末に訳者あとがきが収録されている。学生時代、私が特に気に入っている作家の翻訳書で、次のような一文を見つけ、衝... 続きを読む