圧倒的な権力に、小さな力で立ち向かう武士の生き様を活写! 痛快時代小説が新装版となって登場!上田秀人著『御免状始末 闕所物奉行 裏帳合』

文芸・カルチャー

2017/9/6

『御免状始末 闕所物奉行 裏帳合(中公文庫)』(上田秀人/中央公論新社)  闕所(けっしょ)とは、罪を犯した者から財産を没収することだ。江戸時代、財産の召し上げや取り上げた物の競売、それを売った代金の幕府への納付など、闕所に関する一連の実務を行っていたのが、闕所物奉行。「奉行」とは名ばかりで、特段権力があるわけではな... 続きを読む