一度目にしたものは忘れない! 感情を失くした“アイス・クイーン”が警視庁の暗部を暴く 鈴峯紅也著『警視庁監察官Q』

文芸・カルチャー

2017/9/18

『警視庁監察官Q(朝日文庫)』(鈴峯紅也/朝日新聞出版)  幼い頃の事故により、“喜”と“悲”の感情が欠落した小田垣観月。その代償として得たのは、あらゆる情報を瞬時に脳裏に焼き付ける“超記憶”の能力だった――。  現職総理大臣の息子にして、エリート公安捜査官の小日向純也を主人公とした「警視庁公安J」シリーズ。祖父から... 続きを読む