52歳元アフロ記者の“超地味メシ”は、1食200円、調理時間10分の「ワンパターンごはん」?

ライフスタイル

2017/9/23

『もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓』(稲垣えみ子/マガジンハウス)  52歳、アフロヘアの著者。某大手新聞社を退職した今は、夫なし、子なしで自由を謳歌する毎日だ。そんな著者が退職してから最も変わったことは、1日3回食べる「メシ・汁•漬物」のワンパターンなごはんだという。しかもキッチンに冷蔵庫はなく、一口コ... 続きを読む