食品表示にだまされるな!筋トレ社長が教える「情報の見極め方」

健康

2017/10/20

「筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方」

モテたい→筋トレ
痩せたい→筋トレ
アンチエイジング→筋トレ
良い体になりたい→筋トレ
美肌→筋トレ
趣味ほしい→筋トレ
ストレス解消→筋トレ
自信つけたい→筋トレ
気分上げたい→筋トレ
孤独→筋トレ
暇→筋トレ

「とりあえず生」の時代は終わり「とりあえず筋トレ」の時代が来ます。

 などのパンチの効いたツイートが話題になり、今やフォロワーが28万人を越える Testosterone 氏(@badassceo)。“マッチョ社長”として熱狂的なファンを持つ彼の著書「筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方」が話題になっている。そこで、食品の謳い文句についてぶった切ってもらった!

「プロテイン○mg配合!」と謳う食品の残酷な真実

 健康意識が高まりや昨今の筋トレブームの影響もあり、“プロテイン”に対する関心が高まってきている。プロテインとはタンパク質のこと。コンビニに行けば、商品名やパッケージにプロテインと謳う商品も多く陳列されている。だが、ここで気をつけてほしいのは、プロテインと書いてあるからといって健康的とは限らないし、十分なタンパク質が含まれているとは限らないということだ。

 巷には、タンパク質摂取の足しにもならないのに、堂々とプロテインという言葉を使用している商品もある。たとえば、「プロテイン6000㎎配合!」なんていう飲料がコンビニに売っていたとしよう。これを見たあなたは、「え、6000㎎も!?」とか「健康にものすごく良さそう」と思うかもしれない。だが、6000㎎ってたったの6gだ。一方で、体重60㎏の人が1日に必要なタンパク質の目安は120g。単純計算だが、このドリンクのみで1日の必要なタンパク質を摂取しようとしたら20本も必要になる。さも「十分なタンパク質が配合されています」という雰囲気を醸し出しているが、たったこれだけなのだ。味が好きで飲んでいるならまだいいが、「タンパク質が足りていないから!」と言って飲んでいる場合はスマートな選択ではない。

下手なプロテインドリンクよりも低脂肪牛乳のほうが優秀

 はっきり言って、「プロテイン6000㎎配合!」と謳うドリンクより、同じ棚に置いてある低脂肪牛乳のほうがタンパク質は多いし、値段も安いのだ。

 昨今の筋トレや健康ブームの影響でさまざまな商品が発売され、消費者にとって選択肢が増えること自体は非常に喜ばしいことでもある。しかし、なかには明らかにミスリードを狙っていると思うような商品があるのも事実。これを読んでくれている読者の方には、どうか“賢い消費者“でいてほしい。

 とはいえ、なかなか正しい知識にアプローチしづらい世の中でもある。グーグルで調べれば大抵の情報は手に入るが、その一方で多くの情報が溢れ、有象無象の状態にもなっている。最近ではステルスマーケティング(通称・ステマ)という方法も存在。誰もが知っているモデルや芸能人が紹介しているからといって効果があるとは限らないし、当の本人さえ使っていないこともある。せっかくなので、私も実践している王道中の王道の食事法をお伝えしたい。

食べて痩せる!シンプルで最強の食事法とは?

 それが「マクロ管理法」だ。これを知ったが最後、曖昧な表示に惑わされたり騙されたりすることがなくなるだろう。マクロ管理法を覚え、栄養の数値に対する考え方や感覚が変わったあなたなら、商品の良し悪しの判断がつくはずだ。そう、マクロ管理法は、自分を守るための防具となるのだ。

 そんなマクロ管理法。難しそうなイメージがあるかもしれないが、超シンプルだ。性別・身長・体重・年齢、そして3段階に分けた活動量から算出した1日に摂取すべき総カロリーと、そこから導かれたマクロバランスに沿って食べるだけ。さらに、食事法の目的を「減量・現状維持・増量」と選ぶこともできる。

 そんなマクロ管理法の詳しいやり方は拙著『筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方』でわかりやすく解説している。本来であれば「ぜひこの本を手にとってみてほしい」と言うところだが実は、この本の最重要項目であるマクロ管理法のノウハウが解説された第2章とまえがきを私のブログで全編無料公開している。

◆「【最強の食べ方】マクロ管理法完全解説 前編」
https://ameblo.jp/badassceo/entry-12292704406.html
◆「【最強の食べ方】マクロ管理法完全解説 後編」
https://ameblo.jp/badassceo/entry-12292705564.html

このマクロ管理法をマスターし、賢い消費者でい続けてほしい。

■著者プロフィール
Testosterone(テストステロン)
1988年生まれ。学生時代は110㎏に達する肥満児だったが、米国留学中に筋トレと出会い、40㎏近いダイエットに成功する。大学時代は総合格闘技団体・UFCのトッププロ選手と生活をともにし、最先端のトレーニング理論とスポーツ栄養学を学び、自身も米国にてデビューを果たす。現在は、とあるアジアの大都市で社長として働きつつ、筋トレと正しい栄養学を普及させることをライフワークとしている。2014年よりツイッターを開始。3年でフォロワーが20万人を突破(2017年7月現在)。完全無料のダイエット・筋トレ情報サイト「DIET GENIUS」、有料オンラインパーソナルサイト「GENIUSPERSONAL」、無料のアスリートメディア「STRONG GENIUS」の代表を務める。著書に10万部を突破した『筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法』(U-CAN)のほか、『筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術』(宝島社)、『尻トレが最強のキレイをつくる』(Miharuとの共著・U-CAN)、『筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方』(KADOKAWA)がある。
著者twitter https://twitter.com/badassceo