東京五輪を待ち望んでいたあの日、希望があった…。心にしみる!人間味溢れる昭和の物語

小説・エッセイ

2017/10/19

『オリンピックがやってきた~1964年北国の家族の物語~(角川書店)』(堀川アサコ/KADOKAWA)  第二次世界大戦の爪痕が色濃く残る高度経済成長期の日本の情景は、どうしてこうも日本人の心を惹きつけるのだろうか。そんな時代の欠片も知らない我々の心にも、何故か強い郷愁の念を抱かせるものである。その理由の一つは、人間... 続きを読む