世界への新しい感触をもたらす画期的な小説

小説・エッセイ

2012/2/13

実を言えば僕は村上龍の美学は好きではないのだ。だけど、この「限りなく透明に近いブルー」だけは物凄い力で「読まされて」しまった。ページの奥から目玉を引っぱる見えない糸が出ているみたいに、活字から目が離れなせなくなったことを白状したい。 舞台はたぶん、東京の福生、基地の町だ。恋人リリーの部屋は通称ハウスと呼ばれ、ヨシヤマ... 続きを読む