着けるだけで「加圧」「上げる」「へこませる」! “魔法の腹巻き”のすごい効果とは?

健康・美容

2017/11/16

 くびれをつくり、おなかを引きしめるのに重要な筋肉・腹横筋。おなかをぐるっと帯のように包んでいます。腹部には骨格が背骨しかないため、この腹横筋が弱まると腹部にある内臓の重みを支えられず、ぽっこりおなかの原因に。というのも、内臓は腹腔といういわば風船のような袋に包まれているだけ。腹腔をぎゅっとおさえ込むには、腹横筋を使って圧をかける必要があるのです。腹圧を高めた状態を維持できれば、引きしまったおなかが手に入ります。



 腹圧を体感するには、腹式呼吸をしてみましょう。特に息を吐ききったあとに、おなかがぎゅーっとしぼられるような感覚があるはず。それこそが腹横筋が使われて、腹圧が高まっている状態です。魔法の腹巻きは、腹横筋にほどよい圧を加え、腹圧をキープ。腹筋運動をせずとも、常にトレーニングをしている状態をつくり出せるのです。

■魔法の腹巻きのスゴイ仕組みとは?

・Point 1「腹直筋と同じ形状でパワーサポート」


 おなかの正面にある腹直筋は腱画という腱によってしめつけられているので、その部分が溝になり筋肉が分かれています。形状に合わせて、適正な着圧がかかる特殊な編み方に。

・Point 2「腹斜筋をカラダの中心に向かって引き込む」


 おなかの両サイドにある腹斜筋は、腹直筋に向かってV字を描くようにある筋肉。この三角形のデザインが、腹斜筋をカラダの中心へぎゅっと引き込みます。

・Point 3「カラダの動作を妨げないストレッチ素材」


 筋肉は伸び縮みしてこそ、その働きが高まります。きつすぎず、ゆるすぎない、適正な着圧を得られる素材とフィット感を追求。

・Point 4「ボディラインにフィットし服の下に着用可能」


 インナーのように着用することができるので、上に着る服を選びません。見えても違和感のないスポーティーなブラックを採用し、普段から気軽に着けられるように。

■魔法の腹巻きを着けると起こる4つのこと

・Merit 1「正しい姿勢を維持しやすくなる」→デスクワーク中も美姿勢のまま


 日本人は腸が長く、そのため必然的に胴体が長い=腹腔も広くなります。魔法の腹巻きはそのおなかを支え、姿勢が乱れがちな座った状態でも引きしまった状態をキープします。

・Merit 2「やせにくい下腹部が引きしまる」→もう腹筋する必要はナシ!


 おなかをぐるっと包む腹横筋は昔ながらの腹筋運動では鍛えられません。魔法の腹巻きはアプローチしにくい筋肉を、腹圧を高めて伸縮させることで鍛えることができるのです。

・Merit 3「運動効率がアップする」→効率よくエクササイズができる


 体幹が安定するのでバランス感覚がよくなり、ムダな動きが少なくなります。すると疲れにくくなるので、長時間運動も可能に。ケガなどのリスクも減るので効率がアップします。

・Merit 4「関節の可動域や柔軟性が向上する」→カラダがやわらかくなってる!


 腹圧が高められて内臓や骨格が正しい位置に戻ると、関節への負担が少なくなります。関節が本来の可動域を取り戻すことで、それにともなって柔軟性も高まります。

 使い続けるほどに腹部が引き締まる“魔法の腹巻き”。毎日使い続けると、カラダはどんどん変化していきます。ぜひ体感して、理想のボディを手に入れてみませんか?

■監修:兼子ただし(かねこただし)
日本ストレッチトレーナー学院学長、早稲田大学大学院スポーツ科学修士号、SSS(スリーエス)代表取締役。日本初のストレッチ専門店を開業し、雑誌・テレビで日々活躍。経営するストレッチ専門スタジオ・SSS(スリーエス)は現在、全国で20店舗を展開。書籍分野でも累計40万部の『ドSストレッチシリーズ』(主婦の友社)をはじめ、ベストセラー連発。「くびれの教祖」として有名TV通販番組では5日で31億円の売り上げをあげる。「姿勢教育の義務教育化」を目指し、2015年にはストレッチトレーナーを育成する日本ストレッチトレーナー学院を開校。代表取締役を務めている。