身の毛がよだつほどぶっ壊れている!! 毒親目線で綴られる、ブラック過ぎる物語!

小説・エッセイ

2017/11/21

『毒母ですが、なにか』(山口恵以子/新潮社) 「毒親」という単語が広く使われるようになった現代。幼稚園・小学校の入学前から始まる熾烈なお受験戦争、交友関係の制限、スケジュール一杯に詰め込まれた塾やお稽古…「こんなに高いお金を注ぎ込んだのに、どこの小学校にも受からないだなんて!あなたはどれだけお母さんを失望させれば気が... 続きを読む