手塚治虫の真髄は短篇にあり!「漫画の神様」が遺した“今こそ読むべき”珠玉の11篇とは?

アニメ・マンガ

2017/12/10

『手塚治虫この短篇がすごい!』(双葉社)  映画的視点による自由なコマ割りやカメラワーク、擬音や効果線など、現代の漫画で使われている手法のベースは手塚治虫が確立したと言われている。漫画界にビジュアル革命をもたらした同氏の功績は計り知れないが、「漫画の神様」と呼ばれる理由は他にもある。そのひとつがユーモラスで生命賛歌に... 続きを読む