筒井康隆による「これぞカッコイイおじいちゃん像」

小説・エッセイ

2012/2/17

2006年、細田守監督によるアニメ映画化で若い世代にもファンが広がった「時をかける少女」の原作者、筒井康隆によるジュブナイルです。1999年出版。翌2000年、第51回読売文学賞受賞作品。2003年には映画化もされています。 個人的に、中学生で短篇集を読んでから氏のファンで、ブラックでシニカルな物語なら筒井康隆だ、と... 続きを読む