この学校には、3年に1度「サヨコ」がやってくる……。恐怖と青春の恩田陸伝説のデビュー作

文芸・カルチャー

2017/12/23

単行本 文庫  後ろに誰かいるような気がしてふり返れない時のような「恐怖」と、高校生たちの友情や恋愛といった「青春」が、一冊の本の中で現れたり消えたりする一種異様な世界観を持つ『六番目の小夜子』(恩田陸/新潮社)。  本作は日本ファンタジーノベル大賞の最終候補となり「酷評され落選」し、文庫化されたものの、すぐに絶版に... 続きを読む