伊集院静が湘南の伝説のホテルで過ごした8年間に寄り添う

小説・エッセイ

2012/2/22

かつて、名だたる作家たちが宿やホテルにこもり執筆活動に専念したという話はよく聞きますが、著者がホテルで暮らしたのはなんと8年以上。作家になる前、離婚の慰謝料で膨大な借金を抱えて喧嘩やギャンブルに明け暮れ、トランクひとつで偶然流れ着いた縁もゆかりもない湘南のホテルに住みついたというのだから、まるで映画のストーリーのよう... 続きを読む