犯人の真の目的とは? 読者を幻惑する誘拐ミステリー作品、呉勝浩『ロスト』【作家バトル企画「RANPOの乱2018」参加作品】

文芸・カルチャー

2018/1/16

『ロスト(講談社文庫)』(呉勝浩/講談社)  江戸川乱歩賞出身作家の呉勝浩と下村敦史が、互いの新刊をめぐってガチバトルを繰り広げる前代未聞の人気投票企画、その名も「RANPOの乱2018」が1月16日スタートした。この1月に講談社文庫より刊行される呉勝浩の『ロスト』と下村敦史の『叛徒』。いずれ劣らぬ現代ミステリーの力... 続きを読む