ただ、龍よりも速く飛ぶ為に…。男心を刺激する航空ロマン譚

ライトノベル

2012/2/24

操縦桿を握りながらカール・シュニッツは目を懲らした。大空の彼方に見えたのは、眩いほどに輝く一対の翼。鱗粉のように撒き散らされる光の礫。それは、いまだ人類が到達できない領域の存在――龍の雄姿だった。 「彼らが舞うあの世界は、痛みも悲しみもない場所に違いない」 少年の頃からずっと…そしていまもなお、カールはそう信じてやま... 続きを読む