「お腹が割れたら人生変わった!」腹筋女子たちはどんなトレーニングをしている?

健康・美容

2018/2/12

『#腹筋女子 お腹が割れたら人生変わった!』(講談社)

「#腹筋女子」。インスタグラムでそうタグ付けされた画像は、いまや16万件以上! ヴィクシー・エンジェルズのような、女性らしく美しい腹筋を手に入れようと、いま多くの女性たちがインスタで日々の変化を報告し合い、切磋琢磨しているのをご存知でしたか?

 女性らしい美しい腹筋とは、ガチ腹筋の「シックスパック」一歩手前、ほどよい筋肉の厚みで、おなかにタテ3本の線が走る「アブクラックス」のこと。

アブ(abs…腹筋)クラックス(crack…溝)。ムダな脂肪がなくなり、筋肉にほどよく厚みが出ることで現れる。

 美の3タテを手に入れるには、さぞツライ食事制限や厳しい筋トレが必要なんだろう……と思いきや、実はそうでもないよう。そこで今回は、『#腹筋女子 お腹が割れたら人生変わった!』(講談社)から、美腹筋を手に入れたインスタグラマーたちのリアルな声を紹介します!

■「36年間ぽっちゃりだった私。インスタで励まし合いながら、理想の体型ゲット」

 生まれてこの方ぽっちゃりキャラだったというsei_dietさん。意識を変えるのに約1年かかり、たくさん失敗して言い訳もしたけれど、インスタに刺激され、励まし合いながら理想の体型を手に入れたそう。「努力は必ず報われる、この言葉を信じてがんばりました!」

■「このままでは、ただのおばさんになってしまう…! 一念発起し、約4か月でタテ線出現」

 28歳と24歳の2人のお子さんがいる(!)nao_mi_74さん。太ってはいないものの、寸胴体型にコンプレックスを持ってトレーニング開始。約4か月でうっすらタテ線が出現し、半年後には砂時計のようなくびれ体型に!

■「腹筋も腕立ても一回もできなかった私。今ではトレーニングが楽しくてしかたない!」

 始めた当初は腹筋も腕立ても一回もできなかったというaloha168cm_bodymakeさん。それでも続けるうちに、“できない”が“できる”に変わり、体型も目に見えて変化。「ボディメイクを始めてから、とにかく毎日が充実してイキイキしてます!」と、体型維持に収まらない効果もたくさん感じているよう。

「#腹筋女子」たちの声を聞くと、ぽっちゃり歴も年齢も関係ナシ! アラフィフ女子も3児のママも美腹筋を実現しているのだから、こうなってくるといよいよ自分への言い訳が不可能に……(笑)。では皆さん、実際どんなトレーニングをされたのでしょうか。

■「#腹筋女子」に人気のトレーニング、Best7

 本書によると、腹筋女子が“効果を感じる”と答えたトレーニングは以下の7つ。

(1)レッグレイズ
(2)プランク
(3)腹筋ローラー
(4)フラフープ
(5)ツンツン体操
(6)脚パカ
(7)バランスボール

 詳しいやり方は本書をご覧いただくとして、仰向けになり両脚をゆっくり上げ下ろしする「レッグレイズ」や、うつ伏せになり、ヒジとつま先で体幹を支える「プランク」は、特別な道具もいらず始めやすそう。適度な負荷は必要としても、「ツラすぎてもう無理~」とならないよう、身体と相談して進めるのがよさそうです。


■腹筋がつく仕組みを知って、効率よくおなかを割ろう!

 本書はインスタグラマーたちの成功体験に加え、加圧・ピラティスインストラクターとして多くの女性を指導している、代官山ソラーチェ主宰・山崎麻央さんの解説も掲載。

 山崎さんによれば、「理想の腹筋への近道は、腹筋を構成する7つの筋肉を意識し、それぞれバランスよく鍛えること。」さらに、やみくもに鍛えるのではなく、「整える・ほぐす・鍛える」の3ステップを実践することで、効率よく鍛えることができるのだそうです。




 実際に美腹筋を手に入れた「#腹筋女子」たちのエピソードに励まされながら、山崎さんのプロのメソッドで効率よくトレーニング。私も、今年こそ、この一冊をかたわらに、自分のペースで「#腹筋女子」を目指したい!

 先日、某・深夜番組で「(自分をブスだと思っている人も)一生で一回くらいイケメンと付き合ってみたくない?」「自分のMAX、叩き出そうよ!」と熱弁をふるった女性芸人さんがいましたが、「一生で一回くらい腹筋割ってみたくない?」そこから人生変わりそうなヨ・カ・ン☆

文=八巻奈緒