「がき大将」「夜なべ」… 消えてほしくない “もったいない語”はありますか?

社会

2018/3/6

『わたしの「もったいない語」辞典(中公文庫)』(中央公論新社:編)  会話をしていて、今ではあまり使われることがない言葉がふいに口をついて出ることがある。自分自身はごく自然に使ったにすぎないその言葉に対して相手が怪訝な顔をしたり、笑われたりした時に、ああ、この言葉はもう消えかけているんだな、と気づく。その瞬間、ちょっ... 続きを読む