子どもにだって言い分はある! 親がハッとなる絵本『ごめんなさい』

出産・子育て

2018/3/7

『ごめんなさい』(サトシン:作、羽尻利門:画/ポプラ社)

 子育ては大変だ。時間や気持ちに余裕がないときは、ついつい我が子にきつい声で怒ってしまう。子どもはやんちゃをして成長するので、昨日怒られたことを忘れて、今日もやんちゃしてしまう。そのためお父さんお母さんも、昨日よりきつい言葉でお叱り。それが毎日のように繰り返されると、子どもを条件反射で怒るようになってしまう。本当は愛しい我が子なのに、毎日こんなことばかりでいいのだろうか。

 そんなお父さんお母さんに読んでほしいのが『ごめんなさい』(サトシン:作、羽尻利門:画/ポプラ社)という絵本。子どもだって、子どもなりに考えて行動している。子どもにだって言い分はある。それをお父さんお母さんに聞いてほしいのだ。

■どうして買ったばかりのクレヨンを折っちゃうの!

「どうして あんたは かったばかりの クレヨンを
 ぜんぶ おっちゃうの! どうしても ほしいって
 あんたが いうから かってあげたんじゃないの!」

 そう怒るお母さん。大変ご立腹です。でも子どもは目に涙をいっぱいためて、こう言いました。

「だって かってもらって うれしかったんだもん!
 うれしかったから ゆうちゃんにも あげたかったんだもん。
 ゆうちゃんも はんぶんこしたら よろこぶと おもったんだもん!」

 ただクレヨンを折ったのではなく、弟とふたりで仲良くクレヨンを使うために折ったのでした。

「あなたは やさしい おにいちゃん なんだもんね。
 きがつかなくて…ごめんさない」

■お母さんまで恥ずかしかったじゃないの!

 今日は授業参観日。お母さんは、おめかしして、よしおのクラスに行きました。でも…。

「なんなの あんただけ じゅぎょうちゅうに ヘラヘラして!
 おかあさんまで はずかしかったじゃないの!」

 先生の問いに、クラスのみんなが手を挙げるなか、よしおくんは1人ふざけてしまいました。それにお母さんはご立腹です。よしおくんは言いました。

「みんな てを あげるのに じぶんだけ わからなくて
 はずかしかったから なきそうになって
 わらっていないと なきそうだから わらってたんだ!」

 よしおくんの気持ちを知らずに、お母さんは怒ってしまったのでした。

「よしおなりに いっしょうけんめい だったんだね。
 きもちを わかってあげられなくて…ごめんなさい」

■お母さんもう知らないんだからね!

「おかあさん もう しらないんだからね!
 ふたりとも もう かってに しなさい!」

 お兄ちゃんと妹に怒るお母さん。妹は少し泣いています。おもちゃの取り合いになって、ふたりでケンカしたのでしょうか。その後、お母さんは子どもたちの寝室をのぞきました。すると…。

「さっきは ごめんね。 にいちゃんが えほん よんであげるから
 もう なくなよ。 ほら このほん さっちゃん だいすきだろ?
 じゃ、よむよ」

 お兄ちゃんが優しく妹に絵本を読んであげていました。なんだかんだいって、兄妹は仲良しです。ふたりが寝静まったあと、お母さんがやってきて、ふたりを抱きしめながら、こう言いました。

「きもちが きりかえられない だめだめママだけど
 ほんとうは ふたりとも だいすきなのよ…ごめんなさい」

 子どもはやんちゃする。失敗もいっぱいする。その度についつい怒ってしまう。でも、お父さんお母さんだって、失敗する。そんなとき大切なのは、お互いの気持ちをきちんと伝え合うことだ。そのとき、家族のあたたかさに改めて気がつくはず。

うちのこで いてくれて ありがとう。
まちがいだらけの おやだけど、
いつも きみの ことが だいすき。
こどもたち…ごめんなさい。

 このやさしい絵本は、子どもだけじゃなく、お父さんお母さんにも読んでほしい。

文=いのうえゆきひろ