「どうすれば前向きに生きられるでしょうか?」悩める人々を包み込む“オカマの言葉”

ライフスタイル

2018/3/10

『しんどいオカマのお悩み相談(BSディム/eロマンス新書)』(KADOKAWA)

 わけもなく“しんどさ”を感じる日には、ただ誰かによりそってほしい……。そんな孤独を抱える人々の悩みにお答えする、Twitterアカウント「西のオカマ BSディム」をご存じでしょうか。

 ディム氏とは「日々のスマイルを発見するホームページ『アイスム』」のコラムで「しんどいオカマのお悩み相談」を連載中のオカマ。同コラムでは人々が抱えるしんどい悩みに、ユーモアと優しさ、そして近すぎず遠すぎない“適度な距離感”をもって回答してくれることで、人気を博しています。

 先日発売された『しんどいオカマのお悩み相談(eロマンス新書)』(KADOKAWA)は、これまでディム氏がコラムで回答してきたお悩みに、新たな書き下ろしを加えた一冊となっています。それでは、同書に収められたしんどい悩みの一部をご紹介。

 仕事に失敗してしまい、休日も家でふさぎこんでいるという22歳の男性から「どうすれば前向きに生きられるでしょうか? また、どうすれば失敗を恐れずに仕事ができるのでしょうか?」という悩みがよせられた際の第一声がこちら。

「ちょっと待って、失敗を恐れないほうが迷惑よ」

“失敗を恐れるな”というアドバイスはよく耳にしますが、“失敗を恐れないほうが迷惑”という、絶妙なネガティブ回答がディム氏の魅力です。続けて、自身も失敗が怖くてたまらない小心者だからこそ「あらゆる失敗を想定し、事前の対策を充分に講じていれば、あとは何が起ころうとどうにでもなるの」と綴ります。

「そんなアタシはプライベートでも常に万全の対策を講じているわ。
たとえばイケメンと会うときはたとえ相手がノンケでもシャワーを浴びておくし、ちゃんとムダ毛も剃っておく。もちろん、帰りの電車で涙を拭くためのハンカチも忘れずに準備しておくわ。
そうすることでダメージを最小限に抑えられるの」

 と、独自のリスクヘッジ法を披露しながら、相談者の職場での振る舞い方にも丁寧に回答。仕事や恋愛など、多種多様なお悩みに的確なアドバイスをしてくれるので、相談者でなくとも楽しめて、タメになる内容になっています。

 同書は、お悩みのしんどさを「フェザー級」「ミドル級」「ヘビー級」と階級に分けて掲載し、ヘビー級のなかには「自分の存在価値がわからなくてしんどい芸大生」や「ゲイに恋をしてしまってしんどい女子高生」などの、重めな相談も。

 真剣に相談に乗っているかと思えば、ディム氏が煩悩の質問を打ち返す「オカマが撃つ! お悩み・質問108本ノック」で、素朴な疑問やお悩みに回答し続けるコーナーも……。一冊の中で心地よい緩急が楽しめる構成になっています。

 胸を締め付けられるような“しんどさ”を感じた日には、しんどいオカマに悩みを打ち明けてみてはいかがでしょうか。

文=マルイカナコ(清談社)