迫力満点! 夜中に見るのはキケン… 1万人がいいね!する“#ごちそうおにぎり”

食・料理

2018/4/2

 片手で手軽に食べられるおにぎりは、お弁当や時間のない朝、夜食など、様々な場面で活躍する。それ故に、「おにぎらず」や「スティックおにぎり」「オイルおにぎり」など、毎年のように進化系おにぎりが登場している。そんな中、今新しく注目されているのは、Tesshi(@tmytsm)さんの「#ごちそうおにぎり」。Tesshi(@tmytsm)さんは、毎日のようにおにぎりを作ってInstagramに投稿しており、現在フォロワー数が11万人を突破している大人気インスタグラマーだ。

 そしてついに、このごちそうおにぎりの作り方を初公開したレシピ本『主役は、ごちそうおにぎり つまみにポテサラ、シメのホットサンド』(Tesshi(@tmytsm)/KADOKAWA)の電子書籍が配信された。本書によると、Tesshi(@tmytsm)さんがこの具沢山のおにぎりを作り始めたきっかけは、当時高校生だった息子さんに「お弁当を食べる時間がないからおにぎりだけでいい」と言われたことなんだとか。そこで、それならごはんとおかずを一緒に食べられるように、とこの形になったそう。ごちそうおにぎりというだけあって、どれもとっても豪華。大きい具がたっぷりと、しかも何種類も一緒に握られていて、見ているだけでヨダレが出そうだ。

 例えば、インスタグラムで一番人気だという「ベーコン菜っぱ炒めでおにぎり」は、角切りベーコンと菜っぱを炒めたおかずが混ぜ込まれており、彩りも良く、食欲をそそる。


 このごちそうおにぎりは、投稿するやいなや1万いいね!を超える反応があったとのこと。たしかに、こんなおにぎりを見せられたら作らずにはいられない…。ボリュームもあるので、育ち盛りの中高生も満足できそうだ。

 また、Tesshi(@tmytsm)さんの家庭で1番人気だという「鮭と天かすのおにぎり」も、大きめにほぐした鮭と麺つゆのしみ込んだ天かすがとっても魅力的。


 おにぎりに天かすと天つゆを混ぜ込むと、それだけでも旨みたっぷりの美味しいおにぎりになる。そこに鮭がこんなに豪快に入るなんて、美味しくないわけがない……! おにぎりだけでも、これだけ具沢山だと十分お弁当として成り立ちそうだ。

 本書には、インスタグラムに投稿されているごちそうおにぎりのレシピだけでなく、おにぎりがしっかりと、それでいてふっくらと握れる握り方や、ご飯の美味しい炊き方、具のバリエーションなどが、写真たっぷりで分かりやすく掲載されている。さらに、Tesshi(@tmytsm)さんの家のおつまみ定番であるポテトサラダ、シメのホットサンドも紹介されている。こちらもごちそうおにぎりに負けない豪華さで、そしてバリエーションも豊かで、「作ってみたい!」「食べたい!」と感じさせる強いインパクトがある。

 本書で、いつものおにぎりやポテトサラダ、ホットサンドを見た目も味も美味しいごちそうに変えて、食事の時間をもっともっと幸せな一時にしてみては?

文=月乃雫