三越の包装紙を手掛け、12匹もの猫を飼い、晩年ロックを聴きながら絵を描いた芸術家・猪熊弦一郎

文芸・カルチャー

2018/3/29

『猪熊弦一郎のおもちゃ箱 やさしい線』(丸亀市猪熊弦一郎現代美術館/小学館)  3月20日から、猫好きにはたまらない展覧会が東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで始まった。「いちどに1ダースの猫を飼っていた」というほどの無類の猫好きで知られる画家・猪熊弦一郎さんの、たくさんの猫の絵を紹介する「猪熊弦一郎展... 続きを読む