中学受験の現実をえぐりだす衝撃作…その男は受験の神か、拝金主義者か?

マンガ・アニメ

2018/3/31


低迷する塾の立て直しに現れたのは黒木蔵人という男。
しかし、その発言は拝金主義を匂わせ、生徒たちを『金脈』と呼ぶ。

上位校の合格が難しい生徒には、「夢を見させ続けつつ、生かさず殺さず、『お客さん』として楽しくお勉強させておけばいい。」

その一方で、モチベーションも偏差値も足りない生徒に上位校を勧める意図とは?

新任講師の佐倉は、塾の方針に疑問を抱くが…

「高校から入学できる学校は減少している」という事実。子供たちが受験戦争に巻き込まれる現実を、直視せざるを得ない。

今日も生徒たちの前に立つ黒木。彼は受験の神様か、拝金の悪魔か? 圧倒的リアリティで、中学受験の現実をえぐりだす。

 受験をテーマにしたマンガは他にもあるが、その多くは熱血モノであり、自身の夢に向かって努力する登場人物の姿に感動すらするような作品だった。
 しかし、本作は全く違う。その特徴は塾の側から見た物語、ということだ。

 年々拡大し、熾烈になる中学受験だが、塾業界にとっては夢や涙を語る前に、これは「ビジネス」なのだという現実を突きつける本作に、背中がゾクっとさせられる。
 ここに心や人情は不要といわんばかりの黒木の言動には違和感を覚えつつも、否定する言葉が見つからない。

 かつて中学受験を経験した人・してない人、これから挑もうとする子供たちとその親。
 立場によって本作の受け止め方は色々と思う。
 ここで描かれる現実と、この試練を乗り越えた、あるいは乗り越えられなかった子供たちの未来に思いを巡らさずにはいられない。



二月の勝者 ―絶対合格の教室―
レーベル:ビッグコミックス
出版社:小学館
著者:高瀬志帆

▶今読んでほしい新作マンガバックナンバー一覧

(C)高瀬志帆/小学館