出会いと別れの季節に読みたい。さだまさしが振り返る、豊かな夜の記憶

暮らし

2018/3/30

『酒の渚』(さだまさし/幻冬舎)  春は出会いと別れの季節だ。親しくしていた人が転勤で遠くに行くことになったり、新人が職場に配属されたり。転職などで新しい環境に飛び込む人もいる。既に送別会でお世話になった人を送り出した、という人も多いのではないだろうか。この時期に欠かせないのが、お酒の存在。そして酒の席にはいつも、ド... 続きを読む