死体の顎を割って金歯を取り出す…語られなかったアウシュヴィッツの歯科医の日々

暮らし

2018/4/5

『アウシュヴィッツの歯科医』(ベンジャミン・ジェイコブス:著、上田祥士:監訳、向井和美:訳/紀伊国屋書店) 「芸は身を助く」。自分に身についた芸や技術が思いもかけないときに役立つことをいう。よく「手に職をつける」などという言い方をするが、身についた技術は誰も奪っていかない。だから、何かの免許や資格を取得して特殊な技術... 続きを読む