2011年3月フクシマ――日本を助けようとしたアメリカ兵士たちの後遺症と訴訟のゆくえ

社会

2018/4/19

『漂流するトモダチ アメリカの被ばく裁判』(田井中雅人、エイミー・ツジモト/朝日新聞出版)  2011年3月12日。西太平洋を航行中だったアメリカの原子力空母、ロナルド・レーガンは進路を変えた。東日本大震災を受けて、日本の東北地方へ人道的支援に向かうためだ。空母は救援物資運搬の重要な拠点となっただけでなく、アメリカ海... 続きを読む