禁煙化が進む今の時代にこそ読みたい、文豪たちの喫煙礼賛

レビュー

紙巻の煙の垂るる夜長かな——芥川龍之介 煙草のある人生は素敵だ。何せ文学との相性が抜群なのだ。小説と煙草、場合によっては、それに酒とセックスなどが加わる。これらは最高のマリアージュとして、我々のDNAの最…

本文を読む