アラサー姉妹が奮闘! さびれた商店街の再生のために何ができる?

文芸・カルチャー

2018/4/28

『メガネと放蕩娘』(山内マリコ/文藝春秋)  東京に住んで驚いたことの一つは、「元気な商店街が多いこと」だ。  地方で暮らしていた頃は、商店街で買い物することは少なかった。近くに商店街が存在することは認識していたものの、シャッターを下ろす店が年々増加する一方なので、足は遠のいていった。  内心残念な気持ちはあったもの... 続きを読む