これは復讐なのか? 20年間音信不通だった元夫から、突如届いた残虐な小説――現実が曖昧になり悲劇が…。

エンタメ

2018/5/11

『ノクターナル・アニマルズ(ハヤカワ・ミステリ文庫)』(オースティン・ライト:著、吉野美恵子:訳/早川書房)  ある日突然、20年間音信不通だった元夫から、「読んでほしい」と分厚い原稿の束が送られてくる。それは小説家志望だった元夫が書いたという小説。なぜ今頃? なぜ私に? その真意を計りかね、平穏だったはずの元妻の日... 続きを読む